収入の3分の1以下に家賃は抑えよう

"地方と都会では賃料の差が大きくなっているのは仕方の無いことですが、探し方によってはお得に見つけることが出来ます。
それを実現させるためには直接現地に行って物件探しをするのが一番の得策となります。賃貸物件に住んだ時に毎月支払うのは家賃だけに限ったことではありません。
もちろん家賃だけの支払いの場合もありますが、その他にも管理費や駐車代なども含まれることもあるので総支払額を考慮して物件探しをしていきましょう。

 

物件探しでは広さや部屋数はあまりこだわらない方が確かに探しやすくなりますが、荷物が入らなかったでは意味がありません。
新しく家具を購入する場合には、新居のドアから問題なく搬入をすることが出来るかどうかを確認しておくようにしましょう。
家賃を設定する時には毎月の収入の3分の1以下に抑えるのが目安となっています。
賃貸物件へ引越しをするためにはどうしても初期費用が高くなってしまいますが、家賃が高くなればその分初期費用も高くなるのです。"



収入の3分の1以下に家賃は抑えようブログ:19/9/22

ぼくは、自他共に認めるお子さん好きだと思う。

お子さんは、楽しければ笑うし、イヤなら泣くし。
だから、すごく分かりやすいし、
気を遣われない反面、こちらも気を遣う必要もない。

特に、お子さんと一緒にいると、
なんとかこの子を笑わせようなどと、
変な気が湧いてくるから不思議なのである。

ただ、自分のお子さんはどうかな?
…という一抹の不安はあった。

なぜならば、
ず〜っと一緒にいると、
イライラするのではないだろうか…と案じていたからである。

特に、疲れて帰宅した上に、
夜鳴きでもされた日には、
たまったもんじゃないと思っていた…

すでに、
先輩父のぼくの仲間が、
我が子が生まれる少し前に、こんなことを言っていた。
「赤ちゃんって、どの子もかわいいやろ。でもな、自分のお子さんは特別やで」と。

確かに、
赤ちゃんはどの子もかわいいのは、理解できるが、
自分のお子さんはどう特別なのかが、そのとき理解できなかった。

しかし、今なら理解できる!!
とにかくかわいい!かわい過ぎるのである!!

一番、怖れていた夜鳴きすら、
かわいく思えるのだから、人は分からないものだと思う。

そんなかわいい我が子だから、
溺愛ぶりも半端ではない。

特に、ぼくは6時と夕方の少しの間しか一緒におれず、
夕方などはすでに寝顔しか拝見できないのだから、
愛しさもひとしおである。

そんな我が子は、
本当にすくすくと育ってくれている。

顔にも表情が伺えるようになり、
ぼくに似た顔は、ますますぼくに似てきた。

遊びに来てくれた仲間たちが
口々に父似だと言ってくれるたびに、
ぼくはニンマリとうれしくなる。